国保連へのデータ送付は伝送ソフトを活用|作業効率と業務の品質向上

便利なソフトの活用

オフィス

多くの介護事業所で導入が進められているものが介護伝送ソフトです。介護伝送ソフトは国保連への介護保険請求業務をミスなく行なうことができるため大変便利です。こちらでは介護伝送ソフトを選ぶ際にぜひ知っておきたいポイントを紹介します。頭に入れておいて、伝送ソフト選びをする際の参考にしてみるといいでしょう。

まず介護ソフトを選ぶ際には、パッケージ型かASP型かを確認しましょう。どちらも国保連へ介護保険請求を行なうことが可能なソフトではありますが、コスト面が大きく異なります。一般的にはパッケージ型よりもASP型の方がコストパフォーマンス的には優れているとされています。そして次に確認しておくべきポイントとしては、使いやすさです。事業所にスタッフが複数いる場合は、介護ソフトを数人で操作することが予想できます。そうなると、スタッフ全員が平均的に使いやすいかどうかが重要になります。ですが、伝送ソフトの使いやすさはあくまでも個人的な感覚で選んでしまいがちです。そのため伝送ソフトを導入する際には、いきなり本契約に入るのではなく、お試し版から始めてみることが大切です。介護ソフト会社の多くでは、お試し版を数日間の期限付きで操作を体験することができます。その期間中に操作を担当するスタッフ全員に使用してもらうことで、導入後の操作ミスを大幅に減らすことが可能になります。また他にも、サポート面関してもサービス内容が充実しているかどうかは大切なポイントになります。というのも介護保険請求業務というのは非常に手間がかかる作業になります。そのためイージーミスが発生しないとも限りません。そういったミスが発生する前に、サポートセンターへ問い合わせて諸問題を解決できる環境が整っているかどうかをチェックしておきましょう。

最適な施設へ入居

介護施設

高松には3種類の有料老人ホームが存在します。それぞれの有料老人ホームに特徴や入居条件があり、将来的なことをしっかりと考えたうえで施設の選択をすることが重要になります。

もっと知ろう

楽しい老後

介護

広島には複数の種類の有料老人ホームがあります。なかでも住宅型有料老人ホームは多くの利用者希望者がいます。こちらのタイプのホームは健康な高齢者が入居できるタイプになります。

もっと知ろう

スマートな事務管理

パソコン

介護保険ソフトを使用することで、事業所全体の作業効率や、運営実態の確認をすることが可能になります。ソフトで使用するデータはしっかりと管理されているため、セキュリティ面でも安心です。

もっと知ろう